流鏑馬について

流鏑馬について
 
流鏑馬(やぶさめ)とは馬を駆って直線馬場鏑矢を以て射るの技術であって、その的は三個にして方板を用い的串に挟みて三か所に立て、一人にて各々三的を射る。
その起源は詳かではないが、古書には第二十九代欽明天皇の御代より始まると記せり。香椎宮でもこの流鏑馬は古くより執り行われており【香椎宮楼門前を射手三人が馬に乗り出発社殿でのお祓いの後、射手大将国家安泰、五穀豊穣の祈念を致し流鏑馬の射場(香椎宮グラウンド)に進む】これを馬場という。的は三本、射手三人、射手一人矢三本、三回の走馬です。所要時間は1時間です。
 

流鏑馬の風景

流鏑馬の風景
香椎宮
〒813-0011
福岡市東区香椎4-16-1
TEL:092-681-1001
FAX:092-681-1011
----------------------
主神
 仲哀天皇
 神功皇后
配祀
 応神天皇
 住吉大神
----------------------
≪開門時間≫
 (4月~9月)
 5:00~18:00
 (10月~3月)
 6:00~18:00
 ≪ご祈祷受付≫
 9:00~15:30
 土日祝日は16時まで
 <11月・1月>
  平日  9:00~16:00
  土・日・祝日  9:00~16:30まで  
 祭典・行事等により変更になる場合があります
 ≪神札・お守等≫
 9:00~17:00
 ≪不老水≫
 10:00~15:00
----------------------
<<香椎宮>> 〒813-0011 福岡県福岡市東区香椎4-16-1 TEL:092-681-1001 FAX:092-681-1011