勅祭について

 

平成27年10月9日に勅祭が斎行されました

平成27年10月9日に勅祭が斎行されました
 
勅祭事業趣意書
香椎宮は仲哀天皇神功皇后を主祭神として奉斎している社で、西紀二〇〇年神功皇后自ら仲哀天皇の霊を祀り給うたのが起源で、
次いで元正天皇の養老七年(七二三年)に、神功皇后をも併せ祭る為、現地に社殿を建立し、
爾来、香椎廟として朝廷の尊崇は伊勢の神宮に次ぎ、国家の大事に際しては勅使奉幣があり、平時においても定期に或いは随時に勅祭がありました。
現代におきましても伊勢の神宮等十六社と共に勅祭社に勅定され、とりわけ九州では宇佐神宮と当宮のみで、地元福岡を始め、九州各地より広く尊崇を集めています。
本宮の本殿は、入母屋造りと切妻造りの複合といわれる国内唯一の「香椎造り」といわれ、国の重要文化財に指定され、中門・回廊・楼門は明治三十六年「遠き古の盛時に追いつかん」とする理念をもって結成された追遠会の大造営によって再建され、現在の偉容を築いています。
香椎宮の正面玄関というべき楼門は総欅造桧皮葺の堂々とした姿で、年間多くの参拝者を迎えています。しかし、この楼門は昭和五十三年の修理以来三十年余の歳月を経て御屋根の剥落甚だしく急速な修理を必要としています。
また、境内社の稲荷神社・鶏石神社・早辻神社の桧皮葺屋根も老朽化に伴い、損傷甚だしい状態です。
来る平成二十七年に十年に一度の勅祭を迎えるにあたり、勅祭事業奉賛会を結成し、勅祭を盛大に斎行、楼門の御屋根修理、境内社の修理保全、境内の整備等を行い御社頭の尊厳護持、さらには悠遠の歴史を偲ぶと共に一層の御神威の発揚につとめたいと存じます。
つきましては、尊き御神縁にむすばれました皆様の絶大なるご賛同とご協力をいただき、共に手を携え、本事業が恙なくそして見事に完遂されますよう切に祈念するものでございます。
ここに本事業の趣意を述べ、氏子崇敬者各位の暖かいご理解をいただき、物心両面のご奉賛をたまわりますようお願い申し上げます。
 
 平成二十四年四月吉日

香椎宮奉賛会会長 松尾 新吾

                                                香椎宮宮司    足立 憲一

 
勅祭とは

勅祭と申しますのは、天皇様の御使が、御幣帛を捧持して御参向になり、神前に宣命を奏せられ、勅使が直接御祭儀を執り行われる御祭のことを称するので、

現在この様な御社が、伊勢、熱田、明治の各神宮を始め全国に十七社、九州では宇佐神宮と香椎宮の二社でございます。

宣命とは、天皇様が神様に申し上げられる祝詞の義で、黄色の鳥ノ子紙に書かれてあります。只今香椎宮に残っております宣命は、延享、文化、元治、そして大正、昭和のものが、官幣送文等と一緒にございます。

香椎宮に勅使が御参向せられた記録は、天平九年四月(737)、新羅の無礼の状を告げ給う為のものが最初であり、続いて天平十三年正月と香椎宮旧記に記されており、

毎年の御参向、時には一ヶ月に二度の御参向もあり、これをシキナミの奉幣と申しますが、

元応三年(1321)の勅祭中断から、延享元年(1744)勅祭が再興されて以降、甲子の年(60年に一度)が勅使御参向の年と定められ、以後、文化元年(1804)・元治元年(1864)と続き、大正十四年の勅祭より10年に一度が勅使参向の年となり、文献によると今日まで108回の勅祭の斎行が確認されております。

今でこそ、飛行機でご到着になられるようになりましたが、昔は奈良、京都から百幾拾里の行程を、多くの費用と日数をかけて、お出でになりました。香椎宮での受入れ準備が、これ又大変でした。

当時の政府出先機関でありました、太宰府の長官(帥)を始め、国司、郡司、筑前の神職等、揃って御奉仕申し上げ、勅使館の新築、道中の御警固等、香椎廟司(大宮司)を筆頭に社家、神人等が、斎戒沐浴、精誠を抽んでお仕えしたことは勿論でございます。

また現在の勅祭「祭式次第」「行事作法」も、古式に則り、皆宮内庁のお許しを得て、福岡県内各神社の神職の方々の助成のもと、厳重に執り行われております。

 

平成27年勅祭 当日の祭典の模様

平成27年勅祭 当日の祭典の模様
 

奉賛会について

奉賛会について
 
平成27年勅祭事業で改修した楼門内をご参進される勅使さま
 
奉賛会では ご寄付ご浄財を募金しております
 

香椎宮奉賛会では 平成37年勅祭に向けての事業計画として各種改修工事等を行う予定です
そのためのご寄付ご浄財を募金しております
香椎宮社務所にて受付致しております
 

▼お気軽にお問い合わせください

▼お気軽にお問い合わせください
 
香椎宮
〒813-0011
福岡市東区香椎4-16-1
TEL:092-681-1001
FAX:092-681-1011
----------------------
主神
 仲哀天皇
 神功皇后
配祀
 応神天皇
 住吉大神
----------------------
≪開門時間≫
 (4月~9月)
 5:00~18:00
 (10月~3月)
 6:00~18:00
 ≪ご祈祷受付≫
 9:00~15:30
 土日祝日は16時まで
 <11月・1月>
  平日  9:00~16:00
  土・日・祝日  9:00~16:30まで  
 祭典・行事等により変更になる場合があります
 ≪神札・お守等≫
 9:00~17:00
 ≪不老水≫
 10:00~15:00
----------------------
<<香椎宮>> 〒813-0011 福岡県福岡市東区香椎4-16-1 TEL:092-681-1001 FAX:092-681-1011