人生儀礼

 
 
●初宮詣
 
●結婚式
   
安産
日本には古くから妊娠五ヶ月目の戌の日に子宝に恵まれたことを神様に感謝し、母子の安全と無事出産のお参りをする風習があり、
ご家庭では「岩のように丈夫な子に育つように」との意味が込められた腹帯(岩田帯・斎肌帯)を締める「帯祝い(着帯の祝い)」を行います。
腹帯の習わしは、当宮の御祭神であります神功皇后(息長帯比売命)が御懐妊の際、石を帯の中に巻きつけ渡海し戻られた後に無事、御子応神天皇をご出産されたことが起源であると云われています。
 
当宮では戌の日に限らず安産祈願を随時斎行致しており、腹帯をご持参いただければ安産祈願の中で御神前にてお祓いを行っております。
 
また腹帯をご希望の方は、神功皇后の御神徳にあやかった腹帯(岩田帯)の授与も社頭にて行っております。
 
初宮詣(お宮参り)
お子様が初めて神社にお参りする初宮詣は、産土神に誕生の奉告と安産のお礼をし、今後の健やかな成長を見守ってもらうようにと、一般的には里親から贈られた『祝着』を付けご両親揃ってお参りします。
男児は30日目、女児は31日目に行います。お子様の体調や天候などにも気を遣い、これらの期日以降で、最良の日を選んでお参りします。
 
お食い初め
生後百日目頃に大人と同じ食膳を用意して、赤ちゃんに食べる真似をさせる行事を「お食い初め」と云います。
お食い初めには「赤ちゃんが一生幸福に育ち、食べるものに困らないように」との親の願いが込められており、食膳には赤飯のほかに鯛などの尾頭付きの焼き魚や歯固め石が並べられますが、これには「柔らかな赤ちゃんの頭が早くしっかりするように」「子供の歯が丈夫になるように」との意味があります。
 
※歯固め石をご希望の方は社頭にて授与を行っております
 
初誕生祝祈願
初めてお誕生日を迎えられたお子様の無事成長を神様へ報告し、今後の更なる生育を祈ります。
ご家庭においては餅踏み行事が行われます。お子様にわらじを履かせ「一生を強く歩き切る人間になるように」と願いを込めて一升餅を踏ませます。
餅踏みの際用いられる誕生わらじは社頭にて授与を行っております。
 
七五三詣
七五三はこの年頃の子どもの年祝いをする古くからの風習に由来するものです。
三歳の男女児、五歳の男児、七歳の女児は晴れ着を着て家族揃って神社に参拝し、これまでの子供の成長を神様に感謝し、これからのさらなる無事と成長をお祈りします。
このような七五三の儀式を終えると、晴れて地域社会の一員として認められるようになったとされています。
 
 
本年度の七五三年齢表はコチラ
 
入学奉告祭
小学校入学は、家庭の生活から社会の生活への第一歩としての大きな意味を持つので、この事を祝うと共に産土神にご報告申し上げ勉学をお祈りします。
 
成人式
二十歳になった男女が大人として社会に認められる祝福を受ける日です。
古来、一人前の大人として認められる時には様々な儀式がありました。公家社会では初めて冠をつけるところから「初冠」あるいは「加冠の儀」という儀式を行い氏神様にお参りしています。
大人への自覚を深め一層社会に貢献できるよう神前に誓いましょう。
 
厄除け
人生において特に忌み慎まなければならない年齢があり、それを厄年といいます。陰陽道などの影響によって、中世頃から公家や武家の社会で信じられ、江戸時代には民間にも広がりました。
厄年を迎える年齢はちょうど精神的・社会的・身体的に転換期を迎える時期と重なり、体調を崩しやすいものです。特に男性では42歳女性では33歳が大厄(一番大きな厄)として特に慎むことが必要とされています。
 
本年度の厄年表はこちら 
 
結婚式
見知らぬ男女が出会い、結婚をして一生を共にする事を古来私達は「むすびの神」の働きと考えてきました。一つの縁が結ばれ新しい生命が誕生し次々と家や郷土が生成発展していくことを私達は不思議な「神々の働き」と感じてきました。
結婚式は新郎新婦にとって大きな喜びであり、厳粛な人生の門出であります。神様のはからいにより結ばれた事に感謝すると共に長い一生を互いに尊敬しながら平和な家庭を作り上げ子孫の繁栄をはかっていく事を神前に誓います。
 
 
 
 
年祝い
厄年の反対に一定の年齢になるとこれを祝う風習があり,「年寿」や「算賀」と云われています。
人生の波路をはるかに越えて来たことを祝うものです。六十歳は十干、十二支がもとに還るため「還暦」といいます。七十歳は、中国の詩人壮甫の詩「人生七十、古来稀なり」からとって「古稀」と言います。七十七歳は「喜寿」といい喜の草書体を「と書くことからきています。八十八歳は「米寿」です。米の字は八十八と書くところからです。九十九歳は「白寿」です。百から一を取ると「白」という字になるからです。
これらの歳には無事に人生を送られたことへの感謝と喜びを神様に奉告します。
 
本年度の年祝い表はコチラ
 

▼お気軽にお問い合わせください

▼お気軽にお問い合わせください
 
香椎宮
〒813-0011
福岡市東区香椎4-16-1
TEL:092-681-1001
FAX:092-681-1011
----------------------
主神
 仲哀天皇
 神功皇后
配祀
 応神天皇
 住吉大神
----------------------
≪開門時間≫
 (4月~9月)
 5:00~18:00
 (10月~3月)
 6:00~18:00
 ≪ご祈祷受付≫
 9:00~15:30
 土日祝日は16時まで
 <11月・1月>
  平日  9:00~16:00
  土・日・祝日  9:00~16:30まで  
 祭典・行事等により変更になる場合があります
 ≪神札・お守等≫
 9:00~17:00
 ≪不老水≫
 10:00~15:00
----------------------
<<香椎宮>> 〒813-0011 福岡県福岡市東区香椎4-16-1 TEL:092-681-1001 FAX:092-681-1011