出張祭典

 

出張祭典について

出張祭典について
 
地鎮祭

地鎮祭(じちんさい)は、土木工事や建築などで工事を始める前に行います。その土地神様(氏神様)を鎮め、土地を利用させてもらうことの許しを得、工事の安全を祈る為です。

一般には土地の四隅に青竹を立て、その間を注連縄で囲って祭場とし斎主たる神職のもと、建築業者・施主の参列の上で執り行います。

 
上棟祭
上棟式は平安時代初期から行なわれ、中世に盛んとなり、居礎(いしずえ)、事始め、手斧始め(ちょうなはじめ)、立柱、上棟、軒づけ、棟つつみ等、完成までの建築儀式が数多くありましたが、江戸時代になって、これらの建築儀式を代表する形で、上棟式だけが行なわれるようになりました。
一般的に上棟式は、新築の家の土台が出来上がり、柱、梁、桁、力板などの骨組みが完成したあと棟木を取り付けて補強する際に行います。
このように上棟式は建築工事の途中で行う儀式で、工法にもよりますが木造軸組では棟木を棟に上げる際、鉄骨造では鉄骨工事が完了したとき、鉄筋コンクリート造では躯体コンクリートの打ち込みが終了した頃に行います。
 
竣工祭
建物が竣工し使用し始めるに当たり、建物が無事に竣工した事を神様に報告し、感謝の気持ちを現す為に行うものです。同時に竣工した建物の堅牢と末永い繁栄を神様に祈願するものです。
竣工式は通常、建物を引き渡した後に行うものです。
 
解体清祓
長年お世話になった建物に対しての感謝の気持ちと、これから始まる工事の安全をご祈念するお祓いです。
 
事務所開き・開店清祓
お店の開店時・事務所を開く際のお祓いです。
「これから無事、安全に業務をこなせますように」「商売が繁盛しますように」との願いを込めます。
 
神棚清祓
平和で清々しい毎日を送る為、明るく広大なご加護を頂くようにお祓いをして清浄な神棚にご神札を祭祀します。
 
水神上げ

水神上げとは、使わなくなった井戸を埋める為のお祓いです。

生活用水として恩恵を被っていた井戸には水神様が住んでいるといわれており、何の供養もせず古い井戸や使わなくなった井戸を埋めてしまうと水神様のお怒りにより災いがあると言い伝えられています。

 
神葬祭

神道式で行われるお葬式のことを「神葬祭」といいます。

現在、日本で行われる葬儀の多くは仏式(仏教式)で行われていますが、もともと我が国には仏式ではない固有の信仰に基づく葬儀がありました。

神葬祭とは、日本固有の葬儀を土台に整えられた葬儀式です。厳かで儀式もわかりやすく、しかも質素なことから、今日では神葬祭が増える傾向にあります。

 

当宮では、1名または2名の神職にて御奉仕致しております。

ご希望により雅楽の奏楽も行っております。

 
年祭
年祭には毎年の命日(帰幽当日)に行われる正辰祭(せいしんさい)と一年、三年、五年、十年、二十年、三十年、四十年、五十年の命日に行われる式年祭とがあり、故人の御霊を慰め、子孫の繁栄を祈ります。
命日にあたる祖先の霊璽を取り出し、毎日のお供え物の他に、お酒や魚・野菜・果物・故人の好物などをお供えします。
正辰祭は家族や近親者などにて、供饌、拝礼、墓参等を行います。
式年祭は神職奉仕の下、家族・親族参集し、故人と親しかった方などを招いて行います。
香椎宮
〒813-0011
福岡市東区香椎4-16-1
TEL:092-681-1001
FAX:092-681-1011
----------------------
主神
 仲哀天皇
 神功皇后
配祀
 応神天皇
 住吉大神
----------------------
≪開門時間≫
 (4月~9月)
 5:00~18:00
 (10月~3月)
 6:00~18:00
 ≪ご祈祷受付≫
 9:00~15:30
 土日祝日は16時まで
 <11月・1月>
  平日  9:00~16:00
  土・日・祝日  9:00~16:30まで  
 祭典・行事等により変更になる場合があります
 ≪神札・お守等≫
 9:00~17:00
 ≪不老水≫
 10:00~15:00
----------------------
<<香椎宮>> 〒813-0011 福岡県福岡市東区香椎4-16-1 TEL:092-681-1001 FAX:092-681-1011